これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード18:ANAとJALが日本で良いパイロットを育てようとする活動が本気で凄まじい。[JAL編:うそ…500万円の奨学金が返済不要!?]

トロポ 前回に続きJALとANAのパイロット育成活動が凄まじいことについてです。 おまたせしました。今回はJAL編です。 JAL は私立大学の特定の学生を対象に、500万円の奨学金を提供。恐ろし...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード17:ANAとJALが日本で良いパイロットを育てようとする活動が本気で凄まじい。[ANA編:学校への支援体制と現役キャプテンの派遣]

トロポ あまり知られていないものの、今JALとANAが本気で1人でも多く日本で優秀なパイロットを育てようともはや必死に活動しています。 その全てを解説します。まずはANA編です。 ANA×JAL...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード16:エアラインパイロットになる夢を叶えたいなら、絶対に考えなくてはならない3つの柱 [エアラインで働くイメージ2]

トロポ 前回に続き「エアラインで働くイメージ」シリーズその2です。 私がプロとしてエアラインに入るにあたり、悩んだ3つの柱についてです。 この記事が皆さんの決断を後押しすることを祈って。 ...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード15:エアラインパイロットになりたいのか、JAL×ANAにいきたいのか、国際線パイロットになりたいのか、私達は何になりたいのか?[エアラインで働くイメージ1]

トロポ エアラインに興味のある方々は自分が何になりたいのか、いつ想像したのでしょうか。 現役でエアラインパイロットやっていて、私は自分がこの仕事のイメージや将来の姿を明確に意識できたのは航空大学校で訓...
パイロット

エピソード14:エアラインパイロットとして就職して、地上業務ってどんなことしてるんだ?パイロット訓練生を恋愛で落とすには。

トロポ 今回もパイロットのキャリアや採用について書くかと思いきや、エアラインの地上業務ってどんなことをしているんだろう?恋愛とかどうなの? ってところを書いていこうと思います。 楽しんで読んで頂けたらと...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード13:自費でパイロットのライセンスを取得し、日本でエアラインパイロットとして就職する道とは。私立の操縦学科や航空大学校と何が違うのか。その3

トロポ 前回の続きです。自費でのパイロットライセンス取得を目指すのなら覚悟してください。Q&Aつきです。 いったい航空大学校や私立大学と自費は同じライセンスを取るはずなのに何が違うのか? 私...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード12:自費でパイロットのライセンスを取得し、日本でエアラインパイロットとして就職する道とは。私立の操縦学科や航空大学校と何が違うのか。その2

トロポ 前回の続きです。今回は就職についても触れますがシビアです。 自費で民間訓練所でライセンスを取得した後の就職先について まず断っておきますが私の中の口コミ情報は、朝日航空と本田航空です。 ...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード11:自費でパイロットのライセンスを取得し、日本でエアラインパイロットとして就職する道とは。私立の操縦学科や航空大学校と何が違うのか。その1

トロポ 前回は私立大学のパイロットコースの比較を行いました。会社にはこだわらない。お金も何とかする。エアラインパイロットになりたいという人には良い選択肢だという記事でした。 在学生の方、指摘したいことがありま...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード10:エアラインパイロットになるのに最短の道は私立大学で意見が一致すると思うので、その費用と就職先を比較してみる。[メリット/デメリット]

トロポ エピソード4で日本は世界的に見てかなり早くジェット旅客機を操縦できるということを書きました。 そして今の日本のパイロットリクルートシステムの中で最短で(=若くして)、 エアラインパイロットになれ...
パイロット

エピソード9:[現役エアラインパイロットが解説する] 国が疲労対策、新基準制定でパイロットの働き方改革が進む。

トロポ 今回は現役エアラインパイロットが解説するパイロットの働き方改革です。 このニュース「国が疲労対策として新基準を設定」したというものです。 「勤務時間インターバル」 これが設定された...