航空

これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード6:「地元」から飛び出せ。大学の進学率は東京は7割もあるが他は5割もない。地元が退屈なすべての人へ。[人の能力はキャラで決まる]

トロポ パイロットを目指し始めたときまずなり方がわからなく途方にくれました。 当時の私自身を振り返って。 情報のない地方から抜け出しエアラインパイロットになるまで、自分自身で力をつけていくには? ...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード5:誰でもわかる!簡単にアメリカとパイロットのルールの違いを解説する。[自社養成システムは何故あるのか]

トロポ 前回、日本人というだけで旅客機パイロットになるのはアメリカよりも数年~数10年早いというハナシでした。 今回はその理由と日本でパイロットになる戦略のハナシです。 アメリカと日本のパイロッ...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード4:日本でエアラインパイロットになるのはお得?![世界の制度の歪みを利用しよう][お金のハナシ]

トロポ こんにちはトロポです。 前回はエアラインのパイロットになるのに平均して20代の3年くらいは費やす必要があることを話しました。 これ実はかなりお得だったんです。ルールの違いを利用しようというハナシ...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード3:エアラインパイロットになるのにかかる期間は?資格の解説。

トロポ 前回に続きパイロットのキャリアについてのお話です。 エアラインパイロットのキャリアパスの初期は 2年弱~3年半くらいの期間をかけて旅客機の操縦、運用を学ぶというものです。 スペシャ...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード2:エアラインパイロットとはどういう職業なのか正確に理解する

トロポ こんにちは、トロポです。 前回に続きパイロットのキャリアについてのお話です。 今回はエアラインパイロットの話をする前に、キャリアって?サラリーマンって? ってところのお話です。 ...
これからの日本のパイロットのキャリアについて考える

エピソード1:現役国内パイロットが、最短でエアラインパイロットになる方法を考えてみた。[このシリーズの目的]

トロポ こんにちは、トロポです。 初めての記事となります。 某日本のエアラインで副操縦士として働いています。 このブログはエアラインで飛んでいて思ったこと、ライフハックなどを書いて...